2022年度公立入試 校内順位決定方式

2022年度入試からこれまでⅠ~Ⅲ型の3パターンだった公立一般選抜の校内順位決定方式がⅠ~Ⅴ型の5パターンに変更になります

 

 (評定得点)+(学力検査合計得点)

 {(評定得点)×1.5}+(学力検査合計得点)

 (評定得点)+{(学力検査合計得点)×1.5}

 {(評定得点)×2}+(学力検査合計得点)

 (評定得点)+{(学力検査合計得点)×2}

 

評定得点は、通知表の合計を2倍した数で最高が90点(9教科×5点×2)

学力検査合計得点は、英数国理社の5教科の得点の合計で最高が110点(22点×5教科)

 

 甚目寺南中エリアの高校は

 

Ⅰ型 津島北(普通・商業)、稲沢緑風館(農業)、杏和、愛西工科

Ⅱ型 佐屋(農業・家庭)

Ⅲ型 津島、中村、津島東、稲沢緑風館(普通)、美和、山田、西陵

Ⅴ型 五条、松蔭、新川

 

学力上位の進学校はⅤ型、中堅校はⅢ型、専門学科はⅠ型が多いです

津島高校はⅤ型かなと思いましたがⅢ型でした

面接を実施することや愛知県の公立中高一貫校の候補になるなど、津島高校は最近独自のカラーを打ち出してきてるようですね