2022年度 私立一般入試

2022年度私立入試の日程が発表されています

 

今年度は公立高校の入試日程が大きく前倒しになり入試の仕組みも大きく変わりますが、それにともなって私立入試の日程も前倒しになっています

 

さらに一般入試1日目、2日目、3日目の高校が入れ替わっているので今年の受験は注意が必要です

 

 

名古屋方面の上位校では東海が揃って1日目から3日目に移動

さらに受験生の多い名城大付属も1日目から3日目に移動しました

3日目は東海名城中京大中京の激戦区になりますね

 

 

甚目寺南中エリアに関係した高校ではこれまで受験しやすい清林館同朋大同大大同が2日目に固まっていましたが、大同大大同が1日目に移動しました

愛知啓成も3日目から1日目に移動したので、南中生が受けそうな高校としては

 

1日目 愛工大名電、大同大大同、愛知啓成、愛産大工業、享栄

2日目 清林館、同朋、大成、名古屋工業

3日目 名城大付属、中京大中京、修文学院

 

という感じですね

 

1日目と2日目に受けやすい高校がバランスよく入ったので2校受験の生徒は組み合わせに幅が広がりました

さらに今年は1日目が金曜日で2日目との間に土日が入るのでより受けやすそうです

3日目は上位の生徒が名城大付を受けるくらいで変化は特に無いですが女子校だった修文学院が共学になったので少し人気になるかもしれません

 

また出願方式もほとんど全ての高校でweb出願となりました

名城大付や清林館などは郵送にも対応していますが他の高校はweb出願のみになります

 

いろいろと変更があるので日程と学力をまとめて生徒に配布します

秋の保護者面談でもお配りします